« 三代目はオークス馬 | トップページ | 先週の新馬戦 »

2013年5月26日 (日)

誤算元年

 誤算が多かった牡馬クラシックだった。

 非サンデー系のクラシック向き種牡馬として導入されたチチカステナンゴとメイショウサムソンが期待外れだったこと。社台ファームが生産したディープインパクト産駒がすべて牝馬だったこと。若駒Sのリヤンドファミユ、京成杯のフェイムゲーム、弥生賞のカミノタサハラという、芝2000mの重要レースを勝った馬が次々に故障して戦線を離脱したこと。

 これらが重なって、中距離馬の層が薄いままダービーを迎えた。その裏を返せば、マイラーの台頭が目立つということでもある。今年は、マイラー種牡馬のフジキセキ産駒がきさらぎ賞と共同通信杯という2月の重要レースを制したし、朝日杯の勝ち馬ロゴタイプがストレートに皐月賞までスイープした。コディーノやエピファネイアにしても折合に不安を抱えていて、マイルならもっと強いのでは? と思わせる。

 朝日杯の勝ち馬がクラシックを制したのは、ナリタブライアン以来19年ぶり。その年はサンデーサイレンス産駒が登場する前年で、それ以前はビワハヤヒデ、ミホノブルボン、アイネスフウジンと、クラシック候補が朝日杯に出走するのは当たり前のことだった。クラシック候補は朝日杯でなくラジオNIKKEI杯(以前はラジオたんぱ杯)へ、という流れが定着したのはサンデーサイレンス時代の隆盛と軌を一にする。

 サンデーサイレンスの血が拡散した現在では、どこから一流馬が出てくるか読みにくくなった。というかむしろ逆で、サンデーサイレンスがいた時代が例外的だったのだろう。いまでは「ラジオNIKKEIから弥生賞へ」という王道路線からかつてほどのプレミアム感が失われている。冒頭に「誤算が多かった」と書いたが、そういう意味では、これからは毎年誤算が当たり前になる。その象徴になるようなシーズンだったと思う。

◎ 8.ロゴタイプ
○ 2.コディーノ
▲ 15.フラムドグロワール
注 9.エピファネイア
△ 10.タマモベストプレイ
△ 5.メイケイペガスター
△ 1.キズナ

 スピード馬が距離を克服してきたのが競馬の歴史で、近年のダービーならばウオッカやオルフェーヴルがそうだし、ディープブリランテもその線上にいた。ということで、「強そうな中距離馬」よりも「強いマイラー」に暖かいまなざしを注ぐ印を打った。普通の流れならば皐月賞上位馬の牙城は高いと思う。ちなみに皐月賞上位馬には、普通に競馬に参加して5着に踏ん張ったタマモベストプレイも含む。

 馬券的なスパイスは、休み明けのNHKマイルCで脅威の粘りを見せたフラムドグロワール。距離延長に対して準備ができているのは、勝ち馬のマイネルホウオウではなくこの馬の方だし、北村宏司騎手が空いていたのもラッキーだった。

|

« 三代目はオークス馬 | トップページ | 先週の新馬戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤算元年:

« 三代目はオークス馬 | トップページ | 先週の新馬戦 »