« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月26日 (金)

東京の焼きまんじゅう屋さん

 ひさしぶりに更新したと思ったら、焼きまんじゅうネタなんです。

 なんてことだ、なんてことだ! 競馬ブログだと思っていたのに! 2歳勝ち上がりレビューたまっているだろ!

 勝ち上がりレビュー、やるから待ってて。2歳馬評価が競馬王の仕事と絡んでしまったので、もっと腰を入れて取り組むことにしたのです。来週にはリブートする予定なので、数少ない読者の皆さん、もう少しお待ちください。

Yakimanju

 ということで焼きまんじゅうです。どーんと写真。どや! って感じ。でも早く食べようとウキウキして撮ったせいで、思い切りアップにしてしまい、大きさがわからない写真になったのは痛恨ですね。素人ですわ。

 焼きまんじゅう、けっこうでかいんです。添付されている木製のフォークで、一個一個串から外して食します。焼鳥屋でつくねを取り分けるときみたいに。いやまた「つくね」とか言って、大きさがわからなくなる。まんじゅうひとつ、私の口では一口で食べられません。二口でも厳しい。三口か四口で食べるくらいのサイズです。ボリュームたっぷり。

 でも、生地がふかふかなので、あまりお腹にたまらずホイホイ食べられます。酒まんじゅうってありますよね? 焼きまんじゅうの「まんじゅう」は、あっちのまんじゅうなんです。麹で発酵させた生地に、だけどあんこは入っていません。お味は表面に重ね塗りされた味噌だれの風味。味噌っていっても水飴でとろみをつけた、甘ーい味噌ですが。甘い味噌だぎゃ。名古屋の人、食べよみゃー(※馬鹿にしているわけではありません)。

 焼きまんじゅうは、群馬の郷土料理です。料理っていうのも変だな。郷土スイーツ? 群馬には「焼きまんじゅう屋」というのがあるんです。東京にもんじゃ焼き屋があるように。焼いてから時間が経つと、生地が硬くなってしまうので、基本的にその場で食べるスイーツです。ある意味パスタでもある。小麦粉を練ったものだし。

 お店の他には、お祭りの屋台や、高速のサービスエリアなどでも出店が出ていることがあります。B級グルメという感覚ですね。味というよりは、匂いも込みで「焼きまんじゅうを食べる体験」そのものを楽しむ食べ物。焼きまんじゅうについてそんな認識でいた群馬県出身者。それが私です(倒置法)。

 いやあ、甘かったです。そりゃ焼きまんじゅうは甘いに決まってる。そうじゃなく、認識が甘かったんです。

 先日池袋に、いや正直に言えば都電雑司ヶ谷駅のほど近くに焼きまんじゅう専門店がオープンしました。都内にも群馬郷土料理店とか、「焼きまんじゅうを食べられる店」はあるようですが、「焼きまんじゅう屋さん」はここが初めて。思い切ったなあ親父さん。よっぽど焼きまんじゅうに惚れ込んでいるんですね。

 このお店では親父さんこだわりの焼きまんじゅうが食べられます。焼きまんじゅうってこんなに深い味わいなのか、と認識を新たにさせられました。「話の種に一度行っておくか」くらいのノリでしたが、この味ならまた食べたい。月イチくらいでリピートしたい。

 ただこのお店、立地条件が悪いんです。池袋東口、ジュンク堂側の「東通り」。飲み屋や食べ物屋が立ち並ぶ、小さいながら賑やかな商店街ですが、親父さんのお店は通りの奥で、このあたりは地元住人しか通りません。自転車乗りの私もさっさと通り過ぎるエリア。タワーマンション計画がいくつかあるので、将来的には栄えること間違いないのですが、いつだよ、それは? 少なくとも今ではない。

 なかなか厳しい状況ですが、応援したいと思います。お近くにお寄りの際は、一度足を運んでみてください。話の種として。ひょっとしてはまるかもよ?

 営業時間は10時から20時まで。となっていますが、とにかく人通りの少ない場所なので、親父さんの心が折れたら早じまいしてしまうかも(一回それに当たった)。8月からは第1と第3の水曜日がお休みになるそうです。

 上州伊勢屋(リンク先は食べログのサイトです)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

先々週の新馬・未勝利

●土曜福島の芝1200未勝利は、前走で果敢に阪神に遠征したマイネルディアベルが変わり身を見せて快勝した。『競馬王のPOG本』の産地馬体検査レポート静内編で誉めた馬だ。父のナイキアディライトは中央競馬での実績がほとんどない(この馬が2頭目の出走で初勝利)。それにもかかわらず採り上げたくなるのだから「いかに馬体が良いか」ということ。距離は延びても大丈夫そうだし、母系はしっかりしているので、マイナー種牡馬だからと言って甘く見ていると、痛い目に遭うかもよ?

●土曜福島の新馬戦は、この開催唯一の芝1000m戦。先に抜け出したフラワーハートをエタニティタイムが猛然と追い上げて、両馬の馬体が並んだところがゴールだった。二頭ともテンのダッシュ力はほぼ互角だったが、内枠のぶんエタニティタイムの進路が窮屈になって、わずかに届かなかった。1000m戦だけにひとつのロスが明暗を分ける結果になったが、両馬とも水準以上の力量は充分にある。1000m戦といっても低く見る必要はない。とくにエタニティタイムの次走は「忘れずに狙おう」レベルだ。

●日曜福島の芝1800新馬では、先団追走から抜け出したパシフィックギャルが競り合いを制して1番人気に応えた。ゼンノロブロイ産駒の2歳馬は良血が目白押しで、今年が勝負の年と言われながら、なかなか勝ち上がる馬が現れなかったが、ようやくこの馬が連敗を止めた。大柄の牝馬でモサモサした走り。いかにもゼンノロブロイ産駒らしいメリハリに欠くレースぶりだったが、福島コースなのでスタミナが活きた、という格好。力押しで初戦を突破した。牝馬らしからぬレースぶりだったが、中距離志向の強い牝馬は上のクラスでは牡馬との戦いを強いられるので、その道のりは平坦ではない。もっとスピードの要求されるコースに行ったとき、どんな武器で戦うのかが今後の課題になる。

●日曜福島の芝1200新馬では、一本被りの人気になったアポロスターズが好ダッシュから番手に控え、手応え充分に直線に向いたが、楽に運んだわりには追われてからがモタモタしていて、最後は後続の急追に遭ってクビ差の辛勝だった。父はアポロ軍団のハウス種牡馬というべきアポロキングダム。クズが少ない種牡馬で、JRAでの勝ち上がり率50%は立派なものだ。芝もダートもこなすが、レースぶりが一本調子なので上のクラスでは勝ち味が遅く、なかなか大物は現れない。と思っていたら、4歳のアポロマーベリックが東京ジャンプステークスを勝ってしまったので、大物が出ないというのは訂正。アポロスターズは恵まれた体格をしており、一度ダートでの走りも見てみたい。

●土曜中京の芝1400m未勝利は、阪神2週目のダンツキャノン組が人気の中心になったが、それらを従えて先頭でゴールしたのは、阪神3週目のヤマニンアリエッタ組から中2週での転戦だったウインスプラッシュ。新種牡馬マツリダゴッホ産駒として2頭めの勝ち上がりになった。好スタートからハナを譲って2番手からの競馬。直線では早めに抜け出しながらも最後まで脚色が鈍らなかった。前走の新馬戦ではスローペースで馬群ひとかたまりから切れ味勝負になって4着に沈んだが、2戦目でまともなペースになったことでスピードを活かすことができた。阪神の新馬は小頭数でおかしなレースが多かったので、折り返しでは着順が簡単に入れ替わる。

●土曜中京の芝1400新馬、牝馬限定戦は、ディープインパクト産駒のエルノルテが断然人気に応えた。2戦2勝で若駒Sに進んで1番人気になったアドマイヤオウジャの全妹。母のシーズオールエルティッシュはアメリカG2勝ちだがどちらかと言えば地味な血統で、プロフィールというより産駒の馬体や走りの良さで評価を上げているお母さんだ。エルノルテは前半ゆっくりとレースに入り、直線で鋭い脚を使うという兄同様のレースぶり。抜け出したあとモズハツコイの追撃を受けて頭差まで詰め寄られたが、ハミをとったりとらなかったり、まだ真剣に走っていない現状で結果はしっかり出して、時計も上々。さすがは素質馬というデビュー戦だった。

●日曜中京の芝1600新馬は、関東から遠征したマイネルメリエンダが人気のリラヴァティとの叩き合いに競り勝った。スローな流れを前に行って後続を待ち受ける形で、最後の坂を上がってからグイッと伸びた。仕上がりの良さとセンスの高さもさることながら、調教捜査官井内利彰さん推奨の「中京競馬場での美浦坂路調教馬」ということが少なからず勝利に寄与したと思う。キャリアが薄い(というかゼロの)新馬戦では、類似したコースを走り慣れているメリットは大きいだろう。

●日曜中京の芝1400新馬は、好発から2番手に控えたコウエイタケルが直線に向いても脚色が衰えない。上がり3Fもメンバー中最速をマークして、後続には影も踏ませない快勝だった。人気馬が何頭か自滅したレースだったが、まともに走ったとしてもこの馬の走りの上を行くのは難しかっただろう。ステイゴールド産駒は気持ちで走るタイプが多く、調教はもうひとつでも実戦で変わる馬が多い。全兄はダートでオープンまで行っているセイカプリコーン。調教の地味さゆえ前評判が低かったので、この強さはサプライズだった。この週の勝ち上がりでは文句なくナンバーワン評価。クラシック向きかは微妙だが着実に出世しそうだ。

●土曜函館の芝1200未勝利は、函館で最初の折り返し戦。オールパーパスの2着だったツクバジャパンが、ファイトバックの2着だったドラゴンスパンの追撃を凌いで逃げ切った。前走時に「(オールパーパスだけでなく)この馬もステークスの出走表に名を連ねることになるのではないか」と書いたとおり、無事に勝ち上がって函館2歳Sに駒を進めることになった。着差は僅かだが、終始マークを受ける展開でけっして楽な競馬ではなかったことを思えば悲観する必要はない。連続開催を見越して馬場が硬めのセッティングになっていることを思えば、この馬のスピードは重賞でも脅威になる。

●土曜函館の芝1000新馬は、断然人気のビービーブレインがスピードの違いで圧勝した。本馬は外に逃げ気味だったのにかかわらず、3コーナーでは後続を振り切ってしまうほどで、はっきりと相手に恵まれたレースだった。ここの負け組は、大きな変わり身がないかぎり次走以降も狙いづらい。ただビービーブレイン自身はまったくの楽勝だったし、時計も水準クラスで上積みも見込めるので、函館2歳Sでもそれなりに注目を集めるだろう。

●日曜函館の芝1200新馬は、ゲートを勢いよく飛び出したクリスマスが快調に飛ばし、4コーナーでは早々と後続を振り切って直線は独走。2歳レコードをマークして7馬身差で圧勝した。仕上がり早の小柄な牝馬で、JRAブリーズアップセール出身。プロフィールから判断して早咲きという可能性は否定できないが、圧巻のパフォーマンスだった。ただ、控える形になった場合になにができるだろうという点については、個人的には疑問を持っている。ステークスではこの馬と同等以上のダッシュ力を持つツクバジャパンがいる以上、簡単な競馬にはならないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

先々週の新馬・未勝利

●最終週の東京新馬は、土曜の芝1400牝馬限定戦がダイワメジャー産駒マーブルカテドラル。人気のディープ牝馬・レヴアップスピンが伸びあぐねる脇をこじ開けるようにすり抜けた。上がりの速い競馬で、ロスなく立ち回れた操縦性の高さが勝利に直結した。日曜の芝1600新馬では、ゴールドティアラの娘やルルーシュの全弟が人気になったが、正直メンバーレベルはもうひとつだったように思う。楽なペースで行った先行勢が粘れず、譲り合いのようなレース展開を、大外に出したマイネグラティアが一刀両断、突き抜けた。土曜の芝1600未勝利は、馬場の回復が遅れて重馬場。積極的に逃げたウインイルソーレが淀みないペースの脱落戦に持ち込んで後続の追撃を凌いだ。父はファスリエフ、ダート戦のようなラップ推移だった。

●阪神土曜の芝1200新馬は、武豊のサクラバクシンオー産駒スマートエビデンスが逃げて、前半3Fが35.5秒。それほど速いペースとも思えなかったが、馬場の悪い内を通った影響か、坂を上がって急失速。先行した3頭が総崩れになり、その後ろを走っていたクリノジュロウジンがあれよあれよと突き抜けてしまった。単勝79倍。前週のダンツキャノンに続いてタニノギムレット産駒が大駆けした。

●日曜の芝1800新馬は、1000の通過が66.1秒という超スロー。またまた上がりだけの競馬になった。渋った馬場を気にしてハミをとらなかったイダスがまず4コーナーで脱落。5頭横一線の追い比べは、「速い脚がどれだけ続くか」という走りの効率と正確さを競うような展開になって、体力面はそれほど問われないまま終わった。勝ったのは大外を回ったピオネロだが、伸びない内を突いて2着したレッドラヴィータも内容的には劣らない。ただ両馬ともこの結果を持って序列上位とは言い切れないように思う。

●日曜の芝1600未勝利は、開幕週のレッドリヴェール組対2週目のダンツキャノン組という図式。直線でレッドリヴェール組のタイセイララバイとピークトラムが抜け出したところに、外からダンツキャノン組が襲いかかる。ティーエスハーツ、さらにスペランツァデーアがズブズブと突き刺して大勢をひっくり返した。レッドリヴェール組は5頭立ての超スローで、ほとんど再現性のないレースだったし、ダンツキャノン組も1400戦とは思えない上がり勝負で、スペランツァデーアは8着に敗れながらも上がり3Fは最速をマークしていた。この開催の阪神新馬は、小頭数で道中の摩擦の少ない競馬ばかり。いろいろとおかしかった。

●函館土曜の芝1200mの牝馬限定新馬は、先団の直後で指示通り動いたシュシュブリーズがすんなり抜け出して人気に応えた。時計は平凡だが、スピードが勝ったタイプではないので、距離が延びた方が良さが出そう。土曜のダート1000m新馬は、1・2番人気がスタートで出遅れるという波乱の幕開け。抜群のダッシュ力ですぐさま挽回した2番人気タマモエスカルゴは、4角で早々と後続を振り切って完勝。一方1番人気のフクノドリームは、揉まれて一度下げて外を回す形になり、レースが終わってから追い込んで2着。もったいない競馬だった。函館日曜の芝1200m新馬は、先行2頭に差し2頭、4頭が横並びになったところがゴール板。大接戦を制したのは1番人気のファイトバックだった。着差は僅かだが、前が残る流れだったし、外に出すのが遅れたにもかかわらずきっちり届いたし、内容的には余裕のある勝利だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

メーデイア、砂の女王様になる

 昨年一年間にJRAで行われたダートの重賞・オープン特別は全部で51レース。そのうち、牝馬が連対したのは何例あったかというと、たった2鞍だった。3歳のオープン特別・昇竜Sを勝ったレッドクラウディアと、古馬のG3・プロキオンSを勝ったトシキャンディ。両方短距離だというのは偶然ではないだろう。かつてはファストフレンドやホクトベガみたいに、ダートの一線級で牡馬と互角以上に戦える牝馬もいたが、最近では牡牝の格差は歴然としている。

 それでもスピードを活かせる条件ならばわずかに食い込む余地もあって、その希少な例外がラブミーチャンということになる。JRA所属ではないが、地方交流重賞をこれまですでに3勝。並みいるJRAの強豪たちを打ち負かしている。偉大な馬だ。その重賞3勝の第一歩が2歳暮れの全日本2歳優駿だった。そして、ラブミーチャンに続く牝馬の全日本2歳優駿勝ち馬が、水曜の川崎で走ったサマリーズ、ということになる。

 水曜に川崎競馬場で行われた牝馬限定の地方交流重賞・スパーキングレディカップは、3歳のサマリーズと5歳のメーデイアの初対戦になった。逃げるサマリーズを2番手から追撃したメーデイアが直線半ばで捕らえて逆転、古馬の矜持を示した。ただ、斤量の恩恵があった(古馬とは4キロ差)とはいえ、3歳のこの時期に古馬相手に互角の戦いができたのだから、サマリーズもやはり並の馬ではない。いつかこの馬の時代が来るのではないか。

 2番人気に支持されたレッドクラウディアは4歳馬。強い5歳と強い3歳を一列後ろから追いかけたものの、コーナーで離されて3着に終わった。おそらくこの馬は、小回りの川崎はあまり向いていない。去年のこのレースも3番人気で4着だった。直線が長い大井やスパイラルカーブの船橋ならばもっと良い競馬ができるはず。今回は苦手な川崎で最後まで脚を使って0.5秒差だから、逆転できないほどの力量差があるわけではないだろう。

 今後の問題は、地方交流重賞の数少ないJRA枠に上手く入れるか、ということになる。この馬は収得賞金が1605万円なので、ギリギリ降級ができないのだ。ダートのオープンクラスで牝馬が牡馬を相手に賞金を加算することの難しさは冒頭で触れたとおり。今回も当初は補欠だったわけで、今後も番組選択には難しさがつきまとう。

 メーデイアにとって今回は、川崎も初めてならナイターも初めてだったが、牝馬らしからぬ落ち着きがこの馬の取り柄で、この日のパドックでも一人引きで楽々と歩いていた。サマリーズをライバルと見て楽をさせなかった浜中騎手の戦術眼も冴えて、大井・船橋・川崎と牝馬重賞を3連勝。めでたく砂の女王様になった。なによりも、小回りの川崎を難なく克服したことで、金沢で行われるJBCレディスクラシックに向けて視界が大きく広がった。

 南関東のエース・クラーベセクレタは、復活を期した一戦だったがよもやの殿負け。今回は460キロ台まで体重を絞ってきたが、馬体の張りは不充分だし良いときのフォームで走れていない。どこか身体に気になるところがあるのかもしれない。今回のパドックでは前捌きの硬さが目に付いた。一昨年の東京ダービー馬、このまま終わるわけにはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »