« 札幌記念回顧 | トップページ | キーンランドC »

2013年8月24日 (土)

エルムS展望

■函館11R エルムS

 賞金別定ではなくグレード別定のG3戦で、実績馬に有利なレース。秋のG1戦線をめざすスターホースが始動戦に選ぶこともあり「砂の札幌記念」みたいなイメージがあります。一方では、大沼S→マリーンSと続く北海道ダートOPシリーズの最終戦という位置づけもあります。実績馬からはいるか、北海道組からはいるか。両者の比較が鍵を握ります。

 例年ならば。

 例年は札幌のレースですが、今年は函館開催なんですよね。じつは、前段は某所に書いた月曜予想の原稿を元にしたものです。その後に出た他の方の予想を見ていると、「函館のレースだ」ということについて深く吟味せずに印を出しているケースが多く見られました。まあ土曜重賞だしね、皆さんそこまで頑張らないのかもしれません。しかし、そうならば逆にチャンスじゃないか。

◎ 2.ブライトライン
○ 6.エーシンモアオバー
▲ 11.ツクバコガネオー
注 1.サイレントメロディ
☆ 3.セイリオス
△ 4.クリールパッション
△ 5.ダノンゴールド

 ブライトラインは小脚のフジキセキ産駒で高速小回り適性抜群。函館でこの馬を負かすのは骨が折れるでしょう。控えすぎて前が詰まりでもしないかぎり安心して見ていられます。

 ド人気のブライトラインからどこに流すか。小回りの函館ダートでは外を回す余地は何頭分もありません。中途半端な先行馬は外を回ることになるので狙いを下げて、逃げる可能性が高い馬を探します。当然、格上の逃げ馬・エーシンモアオバーが相手の狙い。あとはブライトラインを負かしに行かないツクバコガネオー。イン差し狙うクリールパッション、サイレントメロディ、セイリオス。

|

« 札幌記念回顧 | トップページ | キーンランドC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36493/58050445

この記事へのトラックバック一覧です: エルムS展望:

« 札幌記念回顧 | トップページ | キーンランドC »