« エルムS展望 | トップページ | 新潟2歳S »

2013年8月25日 (日)

キーンランドC

■函館11R キーンランドC

 函館の芝は、基本的にはあくまで隊列優先。前に行った馬が優位だが、先行争いが厳しくなって前が苦しくなると、後ろで脚を矯めていた馬がすっ飛んでくる。要するにダート戦を買うときと同じ呼吸で、とくに難しく考える必要はない。

 函館SS組+UHB賞というメンバー構成。このメンバーでは先行馬の格としてはフォーエバーマークが抜けている。抑えが利く馬ばかりで、隊列を乱す要素は少ない。「並びがそのまま」という決着を第一候補と考える。

◎ 1.フォーエバーマーク
○ 6.ファインチョイス
▲ 11.ストレイトガール
注 15.パドトロワ
△ 4.レジェトウショウ
△ 9.アドマイヤセプター
△ 3.シュプリームギフト

|

« エルムS展望 | トップページ | 新潟2歳S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36493/58059454

この記事へのトラックバック一覧です: キーンランドC:

« エルムS展望 | トップページ | 新潟2歳S »