2013年6月23日 (日)

ジェンティルドンナ、アイドルをめざす

 『あまちゃん』が終わってしまった。正確には第一部が終わっただけだが、幸せだった北三陸編にはもう戻れない。

 来週から始まる東京編では、アキは東京に行ってアイドルをめざす。ショービズ業界の裏側のドロドロしたお話になって、北三陸の自然も出てこなければ、クセはあるが情に厚い田舎の人々の出番も少なくなる。いままでに比べてある程度の「欝展開」になることは必至だ。

 起承転結の「転」の部分。物語に深みを出すためにはどうしても必要な陰影だが、連続テレビ小説でそれが毎朝続くと、見ている側にも欝が伝染ってしまう。ちょっとした苦行であり、ここで脱落を強いられるドラマは少なくなかった。

 逆に考えれば、この欝パートをいかに楽しく乗り切るかが、稀代のコメディ作家宮藤官九郎の腕の見せ所だし、能年玲奈にとってはコメディエンヌとしての試金石になるだろう。

■阪神11R 第54回宝塚記念

 宝塚記念は、いつまで経ってもしっくり来ない変なメロディのファンファーレとともに始まる。別名「夏のグランプリ」。今年はG1馬4頭による四強対決になる予定だったが、大看板のオルフェーヴルが一週前に肺出血を発症して離脱。出走していたらおそらく1番人気になっていたと思うが、不在になったことでどうやら1番人気はジェンティルドンナになりそうだ。

 ジェンティルドンナは、これまでの国内G1競走4戦4勝のうち、1番人気になったのは秋華賞の1回だけ。これだけの名馬なのにこの馬がいまいちアイドル視されていないのは、1番人気の少なさが大きな原因だと思う。大勢のファンの期待を背負い、注目を浴び、欲望を引き受け、感情を動かし、物語を共有して、初めてアイドルは誕生する。今回ジェンティルドンナが大レースで初めて1番人気になることは、この馬のアイドルへの第一歩と考えられる。いわばアイドル編の始まりだ。いやあ、今回のまとめはいつもにまして無理やりだったな。

◎ 11.ジェンティルドンナ
○ 3.フェノーメノ
▲ 10.ゴールドシップ
注 4.ダノンバラード

 ムードは三強。しかし実質的には一強。イメージと実質のギャップを埋めようと残る二頭が動けば、そこから破れ目が広がってレースの綾が発生する可能性はある。妙味はダノンバラード。2歳時にラジオNIKKEI杯を勝った待望の阪神内回りで、皐月賞3着の渋太い脚を活かしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

名画座と競馬場

 元日は1日なので映画の日でもある。毎年この日は名画座に『男はつらいよ』を観にいくことにしている。年末年始の寅さん大会は名画座の人気メニューで、どの劇場でやっても大勢のお客さんが集まる。いまやレンタルショップで100円出せば借りられる映画をなぜ1000円も払って観にいくのか? しかもこれまでに何度も観たことのある映画なのに。

 私の場合それは「コメディだから」という理由が大きい。よく、コメディ映画は観客の笑い声を足してはじめて完成する、言われる。欧米人と違って日本人は映画鑑賞中はおとなしいものだが、コメディでは話は別だ。コメディ映画は大人数で観た方が盛り上がる。周りの笑い声に乗せられてテンションが上がったり、より集中したりと、一人で観ているときにはない相乗効果が味わえる。

 今日のある回では、上映終了の瞬間に自然と拍手が巻き起こった。「映画で拍手って、なんでだ?」と普通は思うだろうが、しかしそのときは場がそういう空気になったのだ。たまにこういうことがあるから、できるだけ劇場に足を運ぼうという気持ちになる。

 競馬ライターとしてはここで「みなさん競馬場にも足を…」という論に持っていきたいところだが、現実問題はそう簡単ではない。携帯端末でどこでも馬券が買えるこの時代に現場派というのはいかにもオールドスタイルだ。競馬場は寒いし、あるいは暑いし、動き回るのは疲れるし、席取りやパドックでの陣取りなどさまざまなストレス源が存在する。いつの間にか足が遠のくのも当たり前のこと。

 ただ、競馬場(レース場)の魅力はたしかにある。大レースの行われるわずか数分間に場内の数万人が一斉に集中・熱狂する光景は、公営ギャンブル以外ではほとんど味わえない。大レースが終わった直後に、競馬場ではちょくちょく雨が降るが、あれは大観衆の熱気が上昇気流になって上空に雲が発生するから。これまでワールドカップでもオリンピックでもそういう現象はなかったはずだ。

 最近は綺麗な施設も増えたが、本質的に競馬場はストレスがあふれる環境だ。だからこそ、競馬場ではできるだけ楽しく過ごしたい。努力して楽しく過ごそうとすべきだと思う。そしてギャンブルでは、ニコニコしているやつのところに運が行く。今年も競馬を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

グリーンチャンネル新番組『日高定期便』

 冒頭で古谷剛彦氏が「一年間よろしくお願いします」と言っていた。おお、1年ですか。腰を据えてやるんですね。ちなみに今日は村本浩平氏の出番はなし。交代で出るのだろう。

 初回の特集は、昨年のリーディングを獲得したマンハッタンカフェ。社台スタリオンの徳武氏やハピネモの根本氏、山口ステーブルの山口氏など、種牡馬や産駒の関係者がじっくり語る、語る。最後に古谷特派員がまとめの一言、という番組の流れ。

 馬好きにとっては興味深い内容だったけど、たんに馬券好きの人にとっては、ひょっとして退屈だったのじゃないかな? グリーンチャンネルの日曜5時って良い時間だと思うけど、大丈夫なの? と要らない心配をしてしまうほど実直な番組だった。

 いろんな牧場で話を聞きながら、各所でいちいち期待の2歳馬の紹介があった。これはもちろん、POGファンに媚びた作りだろう。あざといぞ! もっとやれ! 馬体と歩様をじっくり映してくれるし、最高だ。そっちの意味でも、見逃せない番組だと思う、そっち方面のファンの人には。ちなみに、番組表を見るかぎりでは同じ内容を2週間リピートするようなので、今日見逃した人もとくに焦る必要はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

坂の上の雲、はじまる

 日曜の夜に飲んで帰ってきてビデオに録っておいたのを見た。そしたら、酔った頭で見るのはとてももったいないドラマだったので、いったん止めて寝て起きて、最初からあらためて見た。

 いやー、すごかった。金と時間をベラボーにかけていることは知られていたが、知恵と情熱もふんだんにつぎ込まれていた。NHKは凄い。

 企画や脚本の開始はもっと早いけれど、撮影自体が一昨年の頭にスタートしてもう3年近く経過している。なんという作品優先のスケジュール! 民放や通常大河ではあり得ない贅沢さで、民主党に仕分けされちゃいそうだ。NHKには埋蔵金があるのか?

 原作は司馬遼太郎の長編で、テーマは「明治時代」。例によって淡々とした叙述で、あまりドラマ向きとは言えないのだが、野沢尚の脚本によって見事にドラマになっていた。

 いまのところは青春ドラマ。どうやら原作よりも青春編を膨らませる方針らしい。戦争とか政治とか、描くのが難しい分野に踏み込まないので、今季の第一部はおそらく鉄板で面白いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

ウルトラアイ

Rimg0549r

 セルが好きだ。クリーブランド管のジョージ・セルも好きだが、セルフレームの眼鏡も好きだ。メタルフレームよりは重くなるけど、メタルは二回は続かずに、けっきょくセルに帰ってくる。今度の眼鏡もセルフレーム。

 セルフレームの眼鏡は、僕にとってはウルトラアイだ。さすがに赤いセルフレームをかける勇気はないけれど。モロボシダンは、ウルトラアイをしょちゅう無くすわ盗まれるわ探すわ終いには壊すわ。当時眼鏡をかけない僕にしてみれば、良いオモチャを持っていて、いつもそれで遊んでいるモロボシダンがうらやましかった。

 変身するとか戦うとかはべつとして、ウルトラアイがほしかった。大人になって近眼になって、ウルトラアイを手に入れた。お金を出すとメガネドラッグで売ってくれる。僕のウルトラアイには変身機能は付いていないが、遠くのものが見えるようになるよ! あと、頭が良いようにも見えるらしい。さすがウルトラアイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

ヒュースケン逃げろ

 2歳の馬名登録馬をチェックしていたら、クロフネ産駒でヒュースケンという馬がいた。ビワハイジの子どもがアーデルハイトというのも素敵だが、こちらもなかなかのセンスだ。ベスト名付け2歳馬オブザイヤーに選出したい。

 ヘンリー・コンラッド・ヨアンネス・ヒュースケン。オランダ系らしい長い名前だが、アメリカに帰化して黒船サン・ファシント号で来日、総領事ハリスの通訳を務めた。尊皇攘夷派の薩摩藩士の手によって殺害され、亡骸は南麻布の光林寺に眠っている。日本の扉をこじ開けたアメリカ人の一人として、幕末史ファンにはよく通った名前である。NHK大河ドラマ『新選組!』では川平慈英が演じた。

 馬のヒュースケンだが、ゴーンウェスト肌で血統的にも悪くない。ダート向きだと思うがPOGとは関係なしに注目したい。美浦の小西厩舎に入厩予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

アーデルハイト骨折

 あれ、アーデルハイドじゃないの?

 と思って調べたら、アーデルハイドはおそらくアニメの誤読で、原語読みならばアーデルハイト。語尾は濁らないのが正確らしい。ひとつ勉強になりました。

 ロッテンマイヤー先生だけはハイジのことを「アーデルハイド」って呼ぶんだよね。現在、ちばテレビでは毎週火曜日に『アルプスの少女ハイジ』を再放送中。あれ、今日じゃん! 見逃した!

 と思ったが、今日はマリーンズナイターの日で、きちんとちばテレビに釘付けになっていました。唐川最高。

 ビワハイジの子どもにアーデルハイトって、素敵なセンスだと思います。名付け親の人に拍手を送りたい。なんとかどこかでユキチャンと一緒に走ってもらいたいものです。

 ちなみに骨折の程度は軽いので、来春のクラシックに間に合う可能性はあるそうです。POG的には「何位で指名するか」の駆け引きになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

ザ・マジック・アワー

佐藤浩市演じる主人公の売れない映画俳優を、「伝説の殺し屋」に仕立て上げて、ギャングのボスを騙そう、というのがプロット。しかし、主人公の映画俳優だけは、映画の撮影だと信じ込んでいて…。

カメラも台本もないのに、そんなわけないだろー! なんて突っ込むのは、ヤボなんでしょうね。しかし、映画の筋書きを聞いたときから、そこに違和感を覚えていたし、映画が始まっても、モヤモヤは解消されないままだった。

ところが、たまたま隣り合わせた女性が、笑いの沸点の低い人なのか、簡単にケラケラ笑っているので、ああ、これでいいんだ、世間的には! と思い直した。そのおかげで、違和感を飲み込むことができた。一度話に入ってしまえば、最高のエンターテイメントを楽しめる。

そういう意味では、映画館で見て良かったと思う。しかも、公開直後の混んだ映画館で、お客さんがホットだったのも幸いだった。まさにマジック!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

キムタク、総理大臣になる!

というドラマを見た。

わかりやすいストーリー。
類型的な登場人物。
主人公は心の真っ直ぐな好人物。

そうです。
いつも通りのキムタクドラマです。
これぞ、オーソドックス。
そして、予定調和。
もう、ほとんど「寅さん」の域に達している。
そうか、木村拓哉は、現代の渥美清なんだ。
キムタク、寅さんになる!

初回で良かったところ。

・テンポの良い演出。さすがは澤田鎌作ディレクター。ちなみにこの人は、踊る大捜査線とHEROでセカンドをやっていた人です。だから、深津絵里と阿部寛とは、気心が知れている。初回に関しては、この二人の演技で持っていたといって過言ではない。というか、実質的な主役は深津絵里だったように思う。
・加藤ローサの使い方。
・福田靖(脚本家)は、サッカーネタを採り入れるのが上手いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

ルパンどうでしょう

「切り札は最後までとっておくものだ」という台詞を、桜花賞の予想コラムで使いたいと思った。

 その台詞の出所は、たしか『ルパン三世カリオストロの城』だったよなあ。正確には、どんな感じだっけ?

 確かめようと思って、ひさびさにDVDを見直してみた。良いところだけつまみ食いするつもりが、けっきょくぜんぶ見てしまった。

 いやあ、おもしろかった。正直、この年齢になってルパンを楽しめるとは思っていなかったが、よくできている。王道映画の強さがある。構造がしっかりしている。

 基本的には、ロードムービーなのだ。水戸黄門的、寅さん的なロードムービー。ルパンと次元が、フィアットに乗って旅をする。二人の姿を、車内視点で、横から見たり、後ろから見たり。

 なんか、どこかで見た映像だなあ。と思ったら、これって『水曜どうでしょう』そのものじゃないか。今回、はじめて気がついた。

 もちろん、ルパンの方がずっと前だし、かといって、どうでしょうが真似したわけでもないだろうが、なんだかピタッとはまるのだ。大泉氏がルパンで、ミスターが次元。あまりしゃべらない嬉野Dが五右衛門で、藤村Dは不二子、ってことはないから、銭形警部だな、やっぱり。

 狭い車内空間に、男ばっかり。どこかの車のCMのように、あそこに綾瀬はるかみたいな女の子が入ってくると、関係性が違ってしまって、よろしくない。長続きしない。たぶん。ルパンにしろ、どうでしょうにしろ、独特の魅力は、あの「むさ苦しさ」にあるのではないか、と思う。

 ちなみにですが、桜花賞の予想で「ルルパンブルー」に印を回したのは、無理やりです。いまは反省しています。

web競馬王トップページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧