2008年11月27日 (木)

ユニクロジーンズ

0008 自転車に乗るときはできるだけ半ズボンで頑張りたいが、立冬を過ぎるとさすがにそんなことも言ってられなくなる。脚が存分に回せる長ズボンはないものか?

 ということで、ネットで評判が良かったユニクロジーンズを買った。商品名は「プレミアムデニム2WAYストレッチスキニージーンズ」。名前を覚える自信がないので、通販で買った。ユニクロの物流倉庫は船橋にあるらしく、1日半くらいで届いた。

 2WAYストレッチを謳うだけあって、ヨコだけでなくタテにも伸縮するので、膝の動きをほとんど妨げない。ジーンズを履いている不自由さを感じずにペダリングできる。たいしたもんだ。ストレッチ素材のジーンズなんて邪道だと思っていた時期もあったが、宗旨替えすることにした。お薦めです。ただし、スキニーフィットなので真冬の着用は寒いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

室内自転車

0090

 スポーツ自転車は高価で盗難が心配だし、雨ざらしだと部品が劣化するので、室内に保管するのが決まり事になっている。自転車を部屋の中に入れるのは、犬を室内で飼うのに似ていて、スポーツ自転車デビューするために、ひとつの心理的ハードルになっている。

 帰ってきたら、玄関先に自転車を置いて、ぬれ雑巾でタイヤとスタンドを拭ってから室内に持ち込むわけだが、考えてみれば室内犬の散歩帰りと同じことをしている。モノに愛情を注いでいるみたいで気恥ずかしいが、名前なんかつけて熱心に世話をしているわけだから、それを愛情といっても大外れではないのかもしれない。ちなみに名前は「山本MARIN号」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

地図好き

0084

 本棚を探したら、地図が6冊もあった。その他に、PCにも有料の地図ソフトが入っている。地図ばかりこんなにいっぱい持っているが、それぞれに得意不得意があるので、用途によって使い分けている。だから、買いものに失敗したわけではない。断じて。

 僕は地図が好きだ。といっても、地図記号を読み解いて地形を解読したりするようなマニアではない。下手の横好きというか、やせの大食いというか、貧乏子だくさんというか、なんというか。たんに地図を眺めるのが好きなのだ。だいたい、僕は方向音痴だし。むしろ、方向音痴だからこそ、地図が増えてしまったのかも。

 たぶん、缶コーヒー好きが新発売の缶コーヒーを試してみる感覚に似ていると思う。書店で新しい地図を見つけて立ち読みしてみると、ちょっとした違いに目が行って、ほしくなってしまう。だいたい、普通の人は用もないのに地図コーナーになんて行かないぞ。

 ちなみに、今のお気に入りは『街っぷる首都圏』。写真だと右から2番目のやつ。これの売りは軽いことで、持ち物の重量に敏感な自転車乗りにとっては非常に重宝な地図である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

青タン

080810

あまりにも見事な「青タン」なので、記念アップ。ボクシングでKOされた、のではなく、自転車同士で正面衝突しました。

車道の右端を逆走してくる自転車はけっこう多く、これまで「ヒヤリハット」経験は何度かありました。気をつけてはいたんですが、今日は高架下の暗闇で、寸前まで相手が認識できず、回避に失敗。

道交法上はこちらに非がないとはいえ、狭くて歩道もない生活道路をロードバイクで高速走行すること自体が、非常識な行為なんだよな、と反省しました。今回は、相手方が無傷でほんとうに良かった。こっちが加害者になっていても不思議がないわけで。

現場は、県道から国道への抜け道なのですが、抜け道は街道以上に危険がいっぱいですね。極力入らないようにしたい。

あー、目がチリチリする。眠れない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月30日 (水)

つるつる

080729_2


転がる石には苔はつかない、って言うじゃないですか。

いまや、僕の脚は転がる石になったので、スネ毛の出る幕じゃないのです。だから、ご退場願いました。

ツールドフランスとか見てればわかると思うけど、自転車競技の選手って、みんなスネ毛を剃っているんです。べつに剃らなくても良いんだけど、剃った方がケガの治療やマッサージがしやすいという利点があります。

あれですよ、お坊さんになるときに頭髪を剃るでしょう。剃っていないお坊さんもいるけど、ツルツルのほうが、より「お坊さん」って感じがするじゃないですか。自転車乗りがスネ毛を剃るのも、それと一緒です。パンクが髪の毛を立てるのと一緒。要するにファッションです。

あるいは、女性が脚の毛の処理をするのは、スカートをはくからですよね。僕も、1年のうち3シーズン半ズボンをはく男になったので、スネ毛の処理をするのは、なんというかエチケットみたいなものです。

とかなんとか、自分に言い訳しながら、僕は橋を渡り、こちらの世界の住人になりました。けっして変態じゃないですよ、気持ち悪くないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月19日 (木)

競馬王編集部POG

競馬王編集部POGのドラフト会議に出席しなければならない。
それを良い名目にして、白夜書房のある高田馬場まで、自転車で往復してきた。

会場に着いて、船橋から自転車で来たことを得意げに告げると、感心されるどころか、変人を見るような目で見られてしまった。

その場の成り行き上、「いやあ、たいしたことないですよ」みたいな素振りをしていたが、そんなはずがあるわけもない。構想2週間、準備に1日をかけた、一大イベントだった。

じつは昨夏、自転車で池袋まで行ったことはあったので、たぶん大丈夫だろうとタカを括っていた。

しかし考えてみたら、市川から船橋に引っ越したぶん、距離が延びているし、それに、去年の帰りは神保町から輪行(自転車を袋詰めして電車に乗ること)したのを忘れていた。今年は輪行の準備はしていない。

そんなわけで、往復84キロ、みっちり移動して、4時間以上自転車の上にいた。

アパートに帰り着いて、自転車から降りたとたんに、足の裏とふくらはぎが同時につってしまい、地べたに尻餅をついて、しばらく身動きがとれなかった。

僕は自転車に乗るのが好きだ。でも、サイクリングロードを走るのは、おもしろいと感じない。移動するために街を走るのが好きなのだ。

深夜の都心は交通量が少ないので、気持ち良く走れる。日本の大動脈を贅沢に利用させてもらって、なんだか得した気分だ。そういえば、去年のお盆休みに都心を走ったときも、空いていて気持ちが良かった。

たぶん、僕は空いている場所が好きなのだ。だから、野球はロッテを応援するようになったし、音楽はクラシックを聴くようになった(CD売り場が空いている)。

逆に言えば、僕は混んでいる場所が好きではない。圧倒的1番人気が嫌いなのも、穴党だからではなく、「混んでいる感」に息苦しさを覚えるからだと思う。

そんな僕のドラフトでの指名馬が、他の皆さんと被らなかったのも、必然だったのかもしれない。ちなみに1位指名は、母ブロードアピールでした。

競馬の記事と見せかけて、ほとんど自転車話でした。すみません。ドラフトの話は、明日にでも書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)