2013年9月15日 (日)

ローズS

本番の秋華賞よりも長い歴史を持つトライアル・ローズS。阪神競馬場に外回りコースができた年から芝1800mに距離が短縮されたが、レースの傾向に大きな変化は見られない。春の実績馬有利、距離が持つ馬が有利。ただし、今年は大混戦の世代だったし、台風の影響で馬場状態も微妙。これまでの傾向を覆す決着もあるかもしれない。

某所の予想では、フローラSの上位馬を評価したが、雨ならばウインプリメーラやセレブリティモデルの函館組に手を出してみたくなる。どちらにしても、スロー適性が重要で、桜花賞よりチューリップ賞、オークスよりもフローラSの実績を重く考えるのがスジだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

オーバルスプリント

●オーバルスプリント(浦和1400m)

 夏と秋の狭間に新設された短距離のダート交流重賞で、創設3年目にして今年からJPN3のグレードがついた。過去2年はともに空き巣っぽいメンバー構成になり、勝ち馬はダイショウジェットとアースサウンド。いずれも当レースが最初にして唯一の重賞制覇になっている(現在のところ)。

 今年は、去年のJBCスプリント勝ち馬・タイセイレジェンドが出走してきた。G1馬だから59キロを背負う。前走のクラスターCでも同じ斤量でラブミーチャンの0.1秒差2着に粘っているから、あと一歩とも言えるが、スタートダッシュが鈍くてドスライスにハナを譲ったし、ノーザンリバーやスノードラゴンとの2着争いは接戦だった。浦和1400mは1コーナーまで300mほどしかなく、首尾よくハナを奪えるかどうか。7番枠を引いたが、内側に速い馬が何頭かいる。1コーナーまでの運びが非常に重要だ。

 最内に船橋のナイキマドリード。2010年のJBCスプリント2着馬だが、今春のさきたま杯でも3着しているように能力に衰えはない。浦和は5勝を挙げている得意コース。スピード豊富でハナにも行けるが、控えても競馬できる。問題は、今回が2ヶ月半ぶりの一戦になるところ。「休み明けからいきなり」という仕上げは地方競馬では一般的でない。ただし、攻め量自体は申し分ない。

 ガンジスはタイセイレジェンドと同じ矢作厩舎で、タイセイのハナを叩くことはないだろう。とは言ってもスタートの上手な馬だから、前々での競馬にはなると思う。前走のサマーチャンピオンの敗因は両後を落鉄していたこと。両後裸足で走ってエーシンウェズンと1馬身差2着の競馬をした馬が、今回は斤量を1キロもらった。前走の着順は入れ替わる可能性が高い。

 大井のセイントメモリーはここに来て怒濤の4連勝。重賞も2連勝で、いよいよ交流競走初挑戦となった。もちろん、地方所属馬の初交流はなかなか通用しない。「交流のスピードに慣れてから」というのが通例だ。しかし、本馬は1200でも先行できるようにスピード自体は足りている。いい場所で回ってこられる可能性は低くないと思う。浦和は初めてだが向いているはず。

 ダイショウジェットの54キロは有利だし、上がりが掛かることの多い浦和も得意だが、10歳を迎えてさすがにズブくなっている。エーシンウェズンはスタートが悪いが、前走はあまりにも遅い流れになったので捲りが決まった。今回はそこまで遅くはならないはずで、普通に「差してどこまで」という競馬でガンジスの前に行けるかというと、展開の助けが必要だ。

◎ 5.ガンジス
○ 1.ナイキマドリード
▲ 7.タイセイレジェンド
☆ 5.セイントメモリー
△ 9.ダイショウジェット
△ 11.エーシンウェズン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

小倉2歳S

●小倉2歳S

 どうも小倉2歳Sは時計勝負にならない様子だ。高速馬場で勝ち上がった速い馬が集まって、最終週の止まる馬場。セオリー通り「差せる馬」から入ろうとするなら、ラブリープラネットとエイシンキサナドゥの二択になる。

 馬群を捌く必要があるので、初戦が530キロで「素軽い」とは言いにくいエイシンキサナドゥよりは、器用さのあるラブリープラネットが選びやすいところだが、個人的にはエイシンキサナドゥの器の大きさに魅力を感じている。それから、あまり人気になっていないが、差し馬ということではもう一頭、ベルルミエールの名前も挙げておきたい。ラブリープラネットと同じく千葉セール出身馬で、完成度は甲乙つけがたいものがある。

◎ 4.エイシンキサナドゥ
☆ 1.ラブリープラネット
☆ 8.ベルルミエール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟記念

●新潟記念

 例年ならここでサマー2000シリーズのチャンピオンが決まるはずだったが、今年は消化試合になった。重賞には一歩足りない馬たちと、勢いを失った実績馬、条件級からの上がり馬の三択というハンデ戦で、オッズも5頭くらいが横並び。どこからはいるのもお好み次第、というレースに見える。

 最軽量51キロのブリッジクライムは、(新潟にしては)時計が掛かる最終週で、状態はピークに近い。この馬向きの状況が揃っているので、人気になるのも当然だと思う。いつも詰めの甘い馬だが、将来の繁殖入りに向けて、重賞入着のブラックタイプはもらっておきたいところだ。

◎ 11.ブリッジクライム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

札幌2歳S

●札幌2歳S

 函館で行われる札幌2歳S。今年は本州組の参戦が多くて、北海道シリーズ自体は短縮されたにもかかわらず、新馬戦の勝ち馬だけでフルゲートが埋まってしまい、未勝利戦勝ち馬は抽選にもならなかった。

 このレースには「北海道組有利」という鉄則があって、前走で本州のレースを使われていた馬は、ロジユニヴァース以外一頭も勝っていない。今年の強力本州勢がこの鉄則を打ち破れるかがひとつの見どころになる。

 私の見解としては、いまの函館芝では「コース適性」という中途半端なものを超えたレースが行われているので、コース経験の有無よりも、馬そのものに力があるかないかに着目すべきだと思う。ただし、斤量補正によるスピードのかさ上げは利きにくい馬場なので、「牝馬苦戦」という傾向は例年通りなのではないか、とも思う。

◎ 8.オールステイ
○ 10.マイネルフロスト
▲ 6.マイネグレヴィル
☆ 4.ハイアーレート
△ 1.レッドリヴェール
△ 2.ピオネロ
△ 3.バウンスシャッセ

 印は月曜に出したものから、未勝利勝ちのサンダラスを抜いてハイアーレートと入れ替えた。オールステイは今週の調教が良かったのでそこそこ人気になりそうだが、要は「逃げられるか逃げられないか」。大きくて柔らかい走りをするので、スタンド前の直線発走で、躓いたりする危険性も考慮には入れている。ハイアーレートは前走こそ出負けしたが、もともとゲートに問題があるわけではないので、吉田豊騎手ならハナを狙ってくる可能性は充分だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

新潟2歳S

■新潟11R 新潟2歳S

 過去歴を振り返ると「新潟経験が重要」という傾向が出ているが、ここでは素材評価を優先した。競馬王で出している勝ち馬評価ではイスラボニータ、ハーブスター、ダウトレスの順番だが、これはあくまでクラシック戦線をトータルで展望したときの評価。ハーブスターは前向きさが足りない現状なので、新潟のスピード戦では一枚下げるのが順当。

◎ 3.イスラボニータ
○ 4.ダウトレス
▲ 17.ハープスター
注 6.マイネグラティア
△ 1.アラマサクロフネ
△ 2.モズハツコイ
△ 10.マキャヴィティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーンランドC

■函館11R キーンランドC

 函館の芝は、基本的にはあくまで隊列優先。前に行った馬が優位だが、先行争いが厳しくなって前が苦しくなると、後ろで脚を矯めていた馬がすっ飛んでくる。要するにダート戦を買うときと同じ呼吸で、とくに難しく考える必要はない。

 函館SS組+UHB賞というメンバー構成。このメンバーでは先行馬の格としてはフォーエバーマークが抜けている。抑えが利く馬ばかりで、隊列を乱す要素は少ない。「並びがそのまま」という決着を第一候補と考える。

◎ 1.フォーエバーマーク
○ 6.ファインチョイス
▲ 11.ストレイトガール
注 15.パドトロワ
△ 4.レジェトウショウ
△ 9.アドマイヤセプター
△ 3.シュプリームギフト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

エルムS展望

■函館11R エルムS

 賞金別定ではなくグレード別定のG3戦で、実績馬に有利なレース。秋のG1戦線をめざすスターホースが始動戦に選ぶこともあり「砂の札幌記念」みたいなイメージがあります。一方では、大沼S→マリーンSと続く北海道ダートOPシリーズの最終戦という位置づけもあります。実績馬からはいるか、北海道組からはいるか。両者の比較が鍵を握ります。

 例年ならば。

 例年は札幌のレースですが、今年は函館開催なんですよね。じつは、前段は某所に書いた月曜予想の原稿を元にしたものです。その後に出た他の方の予想を見ていると、「函館のレースだ」ということについて深く吟味せずに印を出しているケースが多く見られました。まあ土曜重賞だしね、皆さんそこまで頑張らないのかもしれません。しかし、そうならば逆にチャンスじゃないか。

◎ 2.ブライトライン
○ 6.エーシンモアオバー
▲ 11.ツクバコガネオー
注 1.サイレントメロディ
☆ 3.セイリオス
△ 4.クリールパッション
△ 5.ダノンゴールド

 ブライトラインは小脚のフジキセキ産駒で高速小回り適性抜群。函館でこの馬を負かすのは骨が折れるでしょう。控えすぎて前が詰まりでもしないかぎり安心して見ていられます。

 ド人気のブライトラインからどこに流すか。小回りの函館ダートでは外を回す余地は何頭分もありません。中途半端な先行馬は外を回ることになるので狙いを下げて、逃げる可能性が高い馬を探します。当然、格上の逃げ馬・エーシンモアオバーが相手の狙い。あとはブライトラインを負かしに行かないツクバコガネオー。イン差し狙うクリールパッション、サイレントメロディ、セイリオス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

サマーチャンピオン予想

●佐賀9R サマーチャンピオン

 お盆の交流重賞三連戦は南から北へ。第一弾は、小回り佐賀を一回りの1400戦・サマーチャンピオン。今年は、去年まで3年連続出走していたスーニの名前がない。去年の2着馬ラブミーチャンも、より強い相手と高い賞金を求めて、今年は盛岡のクラスターCへ向かった。そんなこんながあって、今年のサマーチャンピオンはいつになくフレッシュな顔ぶれになった。

 JRAから交流重賞初挑戦が2頭。ガンジスとエーシンウェズンは、両頭ともOP特別勝ちにG3の2着という戦績。ハンデ差が1キロついたのは、ガンジスがエーシンウェズンにここ3走とも先着しているから。

 ガンジスは、左回りとはいえ中京・新潟で結果を出しているし、右回りも苦にしないから、右の小回りでも計算が立つ。エーシンウェズンはスタートが安定しないが、中山で2着があるから右の小回りは問題ない。JRAのレースより頭数が減るのは、差してくるこの馬には捌きやすくなるぶん好材料だし、くわえて1キロハンデをもらった。両馬に人気ほどの差はないと見る。

 サマリーズは交流の川崎で2戦2連対。前走のスパークリングレディCでは、砂の女王様メーデイアの後塵を拝したものの、交流G3勝ちのあるレッドクラウディアは突き放して2着した。レッドクラウディアは日曜のOP特別・阿蘇Sに紅一点で挑戦して0.4秒差5着だから、これを物差しにすればサマリーズが牡馬相手でまったく通用しないということは考えにくい。

 スパークリングレディCの回顧でも述べたが、ダートのOPクラスでは牝馬にとって牡馬の壁は分厚く、去年JRAでダートOPを勝った牝馬は、レッドクラウディアとトシキャンディの二頭だけだった。もう一頭。サマリーズは昨年暮れの交流G1全日本2歳優駿で、ジェネラルグランド以下を3馬身突き放す圧勝劇を演じていて、牝馬のダート混合G1勝ちはラブミーチャン以来の快挙だった。ラブミーチャンが3歳時に古馬挑戦した交流G3では2回とも3着だったが、いずれも勝ったのはすでに重賞勝ちがある馬だった。つまり今回のサマーチャンピオンよりは強いメンバーだった。

◎ 10.ガンジス
○ 12.サマリーズ
▲ 9.エーシンウェズン
△ 5.ダイショウジェット

 ダイショウジェットは背負い頭だし真夏の休み明けは難しい。一枚下に置いておく。フォーメーション風に予想序列を書くならばこうなる。

9・10・12-9・10・12-5・9・10・12

 いたって普通。あとはパドックで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

ジェンティルドンナ、アイドルをめざす

 『あまちゃん』が終わってしまった。正確には第一部が終わっただけだが、幸せだった北三陸編にはもう戻れない。

 来週から始まる東京編では、アキは東京に行ってアイドルをめざす。ショービズ業界の裏側のドロドロしたお話になって、北三陸の自然も出てこなければ、クセはあるが情に厚い田舎の人々の出番も少なくなる。いままでに比べてある程度の「欝展開」になることは必至だ。

 起承転結の「転」の部分。物語に深みを出すためにはどうしても必要な陰影だが、連続テレビ小説でそれが毎朝続くと、見ている側にも欝が伝染ってしまう。ちょっとした苦行であり、ここで脱落を強いられるドラマは少なくなかった。

 逆に考えれば、この欝パートをいかに楽しく乗り切るかが、稀代のコメディ作家宮藤官九郎の腕の見せ所だし、能年玲奈にとってはコメディエンヌとしての試金石になるだろう。

■阪神11R 第54回宝塚記念

 宝塚記念は、いつまで経ってもしっくり来ない変なメロディのファンファーレとともに始まる。別名「夏のグランプリ」。今年はG1馬4頭による四強対決になる予定だったが、大看板のオルフェーヴルが一週前に肺出血を発症して離脱。出走していたらおそらく1番人気になっていたと思うが、不在になったことでどうやら1番人気はジェンティルドンナになりそうだ。

 ジェンティルドンナは、これまでの国内G1競走4戦4勝のうち、1番人気になったのは秋華賞の1回だけ。これだけの名馬なのにこの馬がいまいちアイドル視されていないのは、1番人気の少なさが大きな原因だと思う。大勢のファンの期待を背負い、注目を浴び、欲望を引き受け、感情を動かし、物語を共有して、初めてアイドルは誕生する。今回ジェンティルドンナが大レースで初めて1番人気になることは、この馬のアイドルへの第一歩と考えられる。いわばアイドル編の始まりだ。いやあ、今回のまとめはいつもにまして無理やりだったな。

◎ 11.ジェンティルドンナ
○ 3.フェノーメノ
▲ 10.ゴールドシップ
注 4.ダノンバラード

 ムードは三強。しかし実質的には一強。イメージと実質のギャップを埋めようと残る二頭が動けば、そこから破れ目が広がってレースの綾が発生する可能性はある。妙味はダノンバラード。2歳時にラジオNIKKEI杯を勝った待望の阪神内回りで、皐月賞3着の渋太い脚を活かしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧