2013年7月26日 (金)

東京の焼きまんじゅう屋さん

 ひさしぶりに更新したと思ったら、焼きまんじゅうネタなんです。

 なんてことだ、なんてことだ! 競馬ブログだと思っていたのに! 2歳勝ち上がりレビューたまっているだろ!

 勝ち上がりレビュー、やるから待ってて。2歳馬評価が競馬王の仕事と絡んでしまったので、もっと腰を入れて取り組むことにしたのです。来週にはリブートする予定なので、数少ない読者の皆さん、もう少しお待ちください。

Yakimanju

 ということで焼きまんじゅうです。どーんと写真。どや! って感じ。でも早く食べようとウキウキして撮ったせいで、思い切りアップにしてしまい、大きさがわからない写真になったのは痛恨ですね。素人ですわ。

 焼きまんじゅう、けっこうでかいんです。添付されている木製のフォークで、一個一個串から外して食します。焼鳥屋でつくねを取り分けるときみたいに。いやまた「つくね」とか言って、大きさがわからなくなる。まんじゅうひとつ、私の口では一口で食べられません。二口でも厳しい。三口か四口で食べるくらいのサイズです。ボリュームたっぷり。

 でも、生地がふかふかなので、あまりお腹にたまらずホイホイ食べられます。酒まんじゅうってありますよね? 焼きまんじゅうの「まんじゅう」は、あっちのまんじゅうなんです。麹で発酵させた生地に、だけどあんこは入っていません。お味は表面に重ね塗りされた味噌だれの風味。味噌っていっても水飴でとろみをつけた、甘ーい味噌ですが。甘い味噌だぎゃ。名古屋の人、食べよみゃー(※馬鹿にしているわけではありません)。

 焼きまんじゅうは、群馬の郷土料理です。料理っていうのも変だな。郷土スイーツ? 群馬には「焼きまんじゅう屋」というのがあるんです。東京にもんじゃ焼き屋があるように。焼いてから時間が経つと、生地が硬くなってしまうので、基本的にその場で食べるスイーツです。ある意味パスタでもある。小麦粉を練ったものだし。

 お店の他には、お祭りの屋台や、高速のサービスエリアなどでも出店が出ていることがあります。B級グルメという感覚ですね。味というよりは、匂いも込みで「焼きまんじゅうを食べる体験」そのものを楽しむ食べ物。焼きまんじゅうについてそんな認識でいた群馬県出身者。それが私です(倒置法)。

 いやあ、甘かったです。そりゃ焼きまんじゅうは甘いに決まってる。そうじゃなく、認識が甘かったんです。

 先日池袋に、いや正直に言えば都電雑司ヶ谷駅のほど近くに焼きまんじゅう専門店がオープンしました。都内にも群馬郷土料理店とか、「焼きまんじゅうを食べられる店」はあるようですが、「焼きまんじゅう屋さん」はここが初めて。思い切ったなあ親父さん。よっぽど焼きまんじゅうに惚れ込んでいるんですね。

 このお店では親父さんこだわりの焼きまんじゅうが食べられます。焼きまんじゅうってこんなに深い味わいなのか、と認識を新たにさせられました。「話の種に一度行っておくか」くらいのノリでしたが、この味ならまた食べたい。月イチくらいでリピートしたい。

 ただこのお店、立地条件が悪いんです。池袋東口、ジュンク堂側の「東通り」。飲み屋や食べ物屋が立ち並ぶ、小さいながら賑やかな商店街ですが、親父さんのお店は通りの奥で、このあたりは地元住人しか通りません。自転車乗りの私もさっさと通り過ぎるエリア。タワーマンション計画がいくつかあるので、将来的には栄えること間違いないのですが、いつだよ、それは? 少なくとも今ではない。

 なかなか厳しい状況ですが、応援したいと思います。お近くにお寄りの際は、一度足を運んでみてください。話の種として。ひょっとしてはまるかもよ?

 営業時間は10時から20時まで。となっていますが、とにかく人通りの少ない場所なので、親父さんの心が折れたら早じまいしてしまうかも(一回それに当たった)。8月からは第1と第3の水曜日がお休みになるそうです。

 上州伊勢屋(リンク先は食べログのサイトです)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

竈の番人外伝

Rimg0310r

 船橋の名店・竈の番人から「のれんわけ」の形で、今年の2月に開店した。西船橋では数少ないホンカク的(笑)ラーメン店だが、最近は空いていることが多い。西船橋駅からの帰り道にあるので、なくなると困るから応援の意味でのご紹介です。

 竈の番人外伝。豚骨魚介、ダブルスープのこってりラーメン。味付けが濃くてあとに残るので、飲んだあととかにはお薦めできません。これ一杯で夕食になる、みたいな位置付け。そういう意味では味玉ラーメン780円は高くない。

 苦戦の原因はおそらく、立地の微妙さ。駅からは楽に歩ける距離だけど、通りの激しい国道沿いで、歩行者の動線からは外れている。かといって周辺は慢性的な渋滞ポイントなので、車で行くのも億劫だろう。駐車場は完備なんだけど。

 そういう障害を乗り越えてでも食いたいラーメンか? というと「そうでもない」というのが正直なところなんだなあ。ちゃんとした仕事をしている良い店だけど、どこにでもあるといえばどこにでもある味だ。僕も北口にあるからよく利用するけど、南口だったらたぶん行かない。わざわざ足を運ぶのならば、船橋の本店に行く。

 味の系統は同じなんだけど、本店と外伝では味わいがかなり違う。サンデーサイレンスとフジキセキくらい違う。本店のスープは、こってりなんだけどくどくないのだ。うっとりするようなまろやかさがあって、食べた直後にもう一杯食べたくなる。

 だから外伝に行っただけで「竈の番人ってこんなものか」と思われるのが一番怖い。それがあっていままで記事にしなかった。それでも、悪くない店ですから、中山競馬の帰りにでもぜひどうぞ! 応援しているのかけなしているのか、いったいどっちなんだ俺は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

エナジードリンク ROCK ST☆R

Rimg0402_2

近所のディスカウントショップ「ジェーソン」には、激安ドリンクがたくさん売っている。賞味期限間近の過剰在庫を(たぶん)タダ同然で仕入れたもので、いつもはにやにや眺めながら通り過ぎるのだが、1本19円とは失笑を通り越して驚きだった。

エナジードリンク、ロックスター!
ビッガー、ファスター、ストロンガー!
ロックスター・エナジードリンクはアクティブに動くアスリートからロックスターまで、ライフスタイルに合わせて、あなたをエナジー・ブーストします。

なんだこのチープな作りのドリンクはwwww
こんなの売れるわけねえwwww

と思ったが、アメリカでは大人気で、満を持して昨夏に日本上陸したらしい。賞味期限が今年の10月14日なので、おそらく初期のロットと思われる。ちょっこっとネット検索してみたら、どうも各地の安売り店で投げ売りされているようだ。どんだけマーケティングに失敗したんだよ…。

1ケースで456円だったので、思わず買ってしまった。カフェインがっつり、糖分がっつりなので、オロナミンやデカビタと同程度には「効く」。頑張れる。これを飲んで原稿を頑張る、ってことでひとつお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

幸水

Rimg0031
梨シーズン始まりました。先頭打者は幸水。
ちなみに、9月は豊水。そのあと新高へと続きます。梨の黄金リレーですな。
梨というと「秋の味覚」というイメージもあるけど、幸水の旬は夏真っ盛り。
ぼやぼやしていると旬が過ぎてしまうので、梨好きの人はお急ぎください。

見た目新高、味幸水。
そんな言葉はないけれど、小玉のぶん、一番甘いのは幸水らしい。
近くの直売所で買ってきました。完熟の朝もぎ。うっとりするくらい美味でした。
ちなみに出荷の盛りは来週とのこと。安く買うなら来週ですが、お盆にかかると出荷ラッシュで品薄の可能性もあるので、来週前半がお薦めとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

クレイジーソルト

0004
 シェフの隠し味・ジェーンおばさんのクレイジーソルト。岩塩ベースの天然材料使用で、ハーブも入っているよ! ジェーンおばさんの手作り調味料は美味しいと街のみんなの大評判さ。みたいな誕生秘話は輸入元のサイトに載っている。要するに、アメリカの味の素みたいなものだ。たぶん。

 僕の舌には、ハーブ類よりも玉ねぎとニンニクの味が強く感じられる。ささっと振りかけるだけで玉ねぎとニンニクの風味を出せるんだから、そりゃあ便利この上ない。しかもなんにでも合うと来ている。

 レシピ通りに作ったけど、なにか一味足りないんだよなあ。そんなときは、そそくさとクレイジーソルトに手が伸びる。これをかけると、ほとんど100%なんとかなってしまう(ジェーンおばさんは「チョコレートとアイスクリーム以外」と言ったらしい)。そういう意味では、我が家の食卓では、クレイジーソルトは諦めと妥協の味でもある。これにばかり頼るから料理が上手くならないのかもしれない。だって、美味しいんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

華麗米

カレーのための米、華麗米。ハウス食品から発売されている。
日曜日にカレーフレンドから分けてもらったので、さっそく調理してみた。
僕はヱスビーっ子だから、ルーはヱスビーのゴールデンカレーを使用。
大丈夫、ヱスビーのルーともよく合うぞ。
当たり前か。

華麗米は、日本のお米とインドのお米のハイブリッドである。
細長い形状で、表面はぱらっとしているが、中身はもっちりしている。
カレー云々以前に、米としてとても美味しかった。
カレーをかけるのがもったいないくらいだ。今度、おにぎりにして食べてみよう。

飯粒がばらけるから、たしかにカレールーとよく馴染む。
その上で、噛みしめるとしっかりコシヒカリの食味が広がる。
素晴らしい。たしかに華麗米を名乗るだけのことはある。

伴奏のはずのピアノが、主楽器のバイオリンと互角の勝負をしている。
ベートーヴェンのクロイツェル・ソナタのようなカレーライスだった。
華麗米はさすがだが、ゴールデンカレーもよく頑張ったぞ。
両者の健闘を称えたい。

0005_2
0013_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

とろけるこくまろ

0004 カレールーの定番です。「こくまろ」には牛脂が入っていて、独特の甘さが僕は好きになれないんだけど、「こくまろ」派にとっては「とろける」は味が薄くてもの足りないようです。

 つまり、味の方向性が違うんだから、パッケージもはっきりと区別が付くようにしてくれ! ということです。昔、パッケージが似ていることで訴訟になったはずなんだけどなあ。けっきょくうやむやなまま決着したようです。

 僕はカレーに肉を入れないので、買い間違えるとけっこうダメージを受けます。日本のスパイス文化を支えてきたヱスビー食品にしては、あまりにもせこい商法だと言わざるを得ません。ヱスビーよ、誇りを持て! 僕は指名買いしているんだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

MAX、MAX、MAX

0086

 最近では都内でもMAXコーヒーが普通に手に入るようになった。しかし、江戸川を越えて千葉に足を踏み入れると、MAXコーヒーはご覧のような位置付けになる。売上ナンバーワン、自販機のエース。それがMAXコーヒー@千葉なのだ。

 練乳入りコーヒー飲料、もといコーヒー風味の練乳飲料、後引く甘さのMAXコーヒー。千葉では100円ショップに行ってもペットボトルが冷蔵ケースに入っている。そういうものなのだ。定番であり、県民の味覚である。ちなみに、MAXの缶入りは「マッカン」と呼び習わされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

まんばけん

0001_2

夏見台のバス通りにある中華料理屋さん。
スラムダンクが全巻揃っています。
定食にはデザートで杏仁フルーツが付いてきます。
そんな店です。

「萬葉軒」って、ずいぶん雅な店名だなあと思っていましたが、看板の裏から見たら「まんばけん」でした。
まんばけんに行って、万馬券を獲ろう!
ちなみに、お薦めは担々麺だそうです。

今度行ったとき、親父さんに競馬の話を振ろうか振るまいか、考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

マルサンの豆乳

18499784_1224280215

マルサンの豆乳が来月から値上げされる。といっても、豆乳を飲まない人にとっては「なんのこっちゃ」という話だろうが。

日本における豆乳のトップブランドは「紀文」である。たとえばスターバックスでソイラテを頼むと、バリスタのねーちゃんがトポトポと注いでくれるのも紀文の調整豆乳だ。

マルサンは、豆乳のナショナルブランドとしては日本第二位だ。というか、たいていのスーパーではこの二社の豆乳しか並んでいない。第二位といっても、シェアとしてはウィンドウズに対するマックとか、セ・リーグに対するパ・リーグとか、それくらいの「第二位」である。

マルサンの豆乳の最大の売りは「安い」ということだ。1リットル入りの定価を紀文より30円安く設定して、割安感で勝負してきた。しかし、原材料費高騰の影響で、一気に30円値上がりするという。豆乳好きの庶民にとって、由々しき事態である。

豆乳は無調整だとクセが強くて飲みにくいので、調整豆乳が売れ筋になっているが、調整のしかたに各社の個性が出ていて、牛乳にはない面白さがある。

たしかにマルサンの豆乳はサラッとしていてごくごく飲めるのだが、紀文の方がコクがあってクリーミーで味も濃くて、「ミルク」としての満足感は高い。同じ値段で勝負するのは正直厳しいと思うが、どうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧